top of page

ちょっと不思議な話。 人の死に臨まんとする時、 天より金粉が降り注ぐ。

家内はそれ程でも無いが、

彼女のお母さんが所謂、見える人で

人から奇異に見られることを恐れ

滅多とそっちの話をしないが、

家内と二人で話す時はやはり気を許すのか

傍で聞いている私には驚愕の事柄が

「今日は大根安かったわ」位のカジュアルな感じで会話が交わされるので、一時たりとて油断できない。


そして、これもそんな話の一つ。


なんでも、人の臨終の瞬間、キラキラした金粉状の物が降り注ぐ事があるのだそうだ。

それは、そう見えるというのではなくて物理的に存在するものらしく

「シーツに落ちて積もるよな」

「すくうとスッと雪みたいに溶けて無くなるねん」

「***さんの時もいっぱい降った」

などと蜜柑を食べながら話すくらい、そんなに珍しい事でも無く、その場に居合わせた人が体験を共有できるものらしい。


そんなん見た事ない。


調べてみると、やはり現象としてはあるらしくその意味については、いろいろ説があるようだ。


1)臨終した本人が降らせているのか、

2)看取った誰かが降らせているのか、

3)何やら聖なるものが降らせているのか。


私は専ら2)が怪しいと睨んでおる。



#義母愛子

#見える人

Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page