top of page

鉄鍋讃歌

調理器具が大好きで

ちょっと小洒落たセレクトショップで

ワクワクしながら物色していると

明らかな場違い感に

お洒落な奥様方に怪訝そうな目で

見られることもよくあり

本当に申し訳ないと思っているが

好きなモノは好きで

どうしようもない。


特に鍋には興味がつきない。

伊賀の土楽鍋からSTAUBやDANSK等

洋の東西を問わず、

良いものは要の美に溢れ

惚れ惚れする。


性差や美醜を超えて、女性とも

分かち合える感覚だと思っていたが

アイアンものの調理器具について

多くの女性が眉を顰めるのには閉口する。


重く、大きく、扱いづらく、手間がかかる。

確かに、その理由は理解できるが

それ以上の鉄の愛おしさを

なかなか共有できない。

思えば、女性の方がずっと合理的で

割り切りが良いのかもしれない。

何か独りよがりのどうでもいい事に

時として男は拘ってしまうのかもしれない。一言で言うと「馬鹿」だと思う。


ところで、愛用のアイアン製のスキレットはLODGE 社のものである。

他のメーカーからも後追いで出されてはいるが、やはり本家のフォルムと色気には叶わない。

私は、このスキレットを3サイズとm

大きなダッチオーブンを持っていて、

この先も家内の目を盗んでは買い揃えて行ってやろうと考えている。


普段は家使いだが、今日、親父が作業場として使っていた山小屋を片付けに行った際、火を起こしてスキレットを放り込んでみた。

なるほど、スキレット本来の使い方はこうであったかと初めて知った。




コメント


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page