top of page

脳ドック後にスイーツを貪る。

ちょっとキツめの頭痛。

体感上、脳内圧がグンと高まった感じで、もしやと思い脳神経外科を受診。


簡単な問診の後、MRA・MRIのマシンの中に横たわる。


ゴン、ゴン、ゴン、キーン・・


お馴染みのあれは電磁波の発生音なのか?脳の髄にまで響き渡る。


昔読んだ『人の気持ちが聴こえたら』という本は、確か自閉症スペクトラムの筆者が電磁波を用いた医療研究に挑み、その変化を刻々と綴るという内容で「アルジャーノンに花束を」をちょっと意味合いは違うが地で行くような話だった。

元々、知性に恵まれた筆者ではあったが、欠落していた他者への共感力、理解力が目覚ましく開花していくのだが、、、というお話。


同じ電磁波を用いるにしても、あれはTMS、「経頭蓋磁気刺激」と言う療法らしく、画像生成方であるMRI・MRAとは原理も作用も異なるのだろうが、結構な時間ガンガンキンキンやられるので、せっかくだったら、どっか覚醒しないものかと思いたち、取り敢えずサードアイと呼ばれる辺りに意識を集中し回路が開くようひたすら念じたが、さて何事も起こる事はなく検査終了となった。

残念。


さほど時間を置く事も無く検査結果の説明。

幸い出血の痕跡もなく脳血管も異常なしとの事。

それに左右脳のバランス破綻も萎縮もなく、「とても形の良い脳みそですね良」と褒められた。

脳みその形のいい事と性能(頭の良さ)は関係ないのだが、それでもめったと褒められることがないので嬉しかったな。


もしも・・を考えあれやこれやと気を巡らせていたが、ひとまず慌てる必要は無しの様子。

早速すっごく濃くて甘いスイーツをテイクアウトして頬張ってやった。

うまかったぞ。


パティスリー ベックシュクレ

〒590-0132 大阪府堺市南区原山台1丁2−4


Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page