top of page

根津美術館で芸術に抱かれ雑念にまみれる。



尾形光琳「燕子花図」といえば根津美術館。 根津美術館といえば尾形光琳「燕子花図」。 それを目当てに伺ったのですが 常設してるわけじゃないんですね、残念。

でも十分見応えありました。 展示品もさることながら、 複数の茶室を配した贅沢な茶庭はお見事。 歩みを進める度に表情を変える茶庭に感嘆しつつ この一角だけでいくらの地価になるんだろうか、 固定資産税は、収益、採算は・・ 邪念雑念、ダメですねぇ。

Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page