top of page

杜の都、仙台でパリーの味を

オーナーパティシエ、池田一紀氏は

10年に渡るパリでの修行を経て、

震災の年4月に故郷仙台へ。

そして12月に1号店をオープン。

いろんな思いを込めた開業であったと思いますが

今、絶大な仙台市民の支持を得ているようです。


見るだけでワクワク、

食べてウットリ、

おじ様もいっぱい来てるわよ。


アンディヴィデュエルとはフランス語でプティ・ガトーの意味ですのよ。



どうよ。



嗚呼、ずっと眺めてたいわ。

これ、ワクワクせん人おる?


店内、イートインも6席?程あるけど、

カップル2組だったので遠慮したわよ。


フレンチらしいカヌレ。

シックでいい景色ネ♪


木々が茂る仙台の通りは、

どことなくパリーの雰囲気。

行った事は無いけれど、、、。






Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags