top of page

日本のご馳走、広島「倉橋島海産」の牡蠣。

https://www.en-food.press/hiroshimakakistory2

https://www.en-food.press/hiroshimakakistory1


「お前とこの牡蠣がやっぱり旨いけん」

「ずっと他んとこの牡蠣やったけん、お前とこのに変えるわ」

地元でそう指名される事もあると嬉しそうに話されていた取材先の牡蠣屋さん。

ふんふんとうなづきながら、眉唾、眉唾と思っておりました。

ところが、帰って食べてみてびっくり。

さっとソテーした料理とも言えない素人料理ですが、

すっと甘みが広がった後に、濃く深く複雑な旨味がドドドドドンと押し寄せてくる、広島のあちこちで食べた牡蠣が「あれは、なんじゃったんかいの〜」と思えるほどの悶絶級。

体験すべし。



広島牡蠣の水揚作業。

これがどうしてハードで危険な作業。





Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page