top of page

広島・「ビールスタンド重富」で道を学ぶ。



広島「ビールスタンド重富」。

酒屋さんに併設されたビールスタンドで 営業時間は17時から19時まで。 メニューはビール一種類、 注ぎ方バリエーションのみの一杯550円。 つまみなし、一人2杯まで。 10席程度のスタンディングスタイル。



中々ハードな条件ながら、開店と同時に席が埋まり、その後は毎度の行列という人気店。

それもそのはず、此処でありつける2杯は、二本のサーバーを使いわけ、注ぎ方、泡の処理などで 「これが同じビール?」と思うほど きらめく様に表情を変化させるという驚愕のビールスタンド。

全ての事柄に遍く存在する「道理」。 そして「要因」と「帰結」。

ビールを注ぐという、これ以上ないほどの単純な行程にも、 構成するいくつかの要素があって、それを見極め、操る事で、 ひとつのビールからこんなに多彩な表情が引き出せる。 重富さんの鮮やかなお手並みに軽妙な口上も相まって 客は恍惚の表情を浮かべ、つかの間の至福を分かち合う。 連日の賑わいも納得の感動のビールがここに。

一つのビールという素材だけでも、 徹底的に見極め持てる力を目一杯引き出してやる事で、 他と差別化できるという好例。 いやあ、勉強になりました。色々、考えさせられました。

もう少し観察して、2つか3つ位に注ぎ方を絞り、 手順を法則化すれば、パート・アルバイト化できるかも・・・。 感動の後に、邪な妄想が脳裏を満たす。トホホ。


Comments