top of page

奥能登輪島を巡る。


奥能登「輪島」、

米の取材で伺っています。

華美なところは無いけれど、野暮なところも微塵も無し。

なにか美意識が通底されてるような街でした。


 

奥能登輪島なら、やっぱり魚でしょ!日本酒でしょ!


日本海側の外海、富山側の内海。それぞれの地魚を楽しめるのも魅力。

そして地酒もびっくりのおいしさ。

輪島、恐るべし。

 

能登、中浦屋の柚餅子


一般的な柚餅子は、 農家の軒先にぶら下がっているような素朴さが魅力ですが、

いやいや、品格が違います。 中浦屋さんの柚餅子は殊更上品。 ぎっしり詰められた餅に柚子の風味が行き渡り、 穏やかな甘味がほんわり嬉しい 一級の和菓子になっております。

そのままでも、少し加熱しても。 「お吸い物の吸い口にも・・」とカタログにあったけど 食べてみると、なるほどとびきりの椀物になること、納得です。

「これ、一切れで180円、それ、薄いから140円・・・」 脳裏に浮かぶ消すに消えない煩悩だけが、 なんともお下品で哀しいことでございます。




Bình luận


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page