top of page

大阪市ファニチャーショップ「TRUCK」で建物を考える。



大阪市鶴見区のファニチャーショップ「TRUCK」。 商品はもちろん、植栽、アイアン窓、そして建物の肢体、、、 見事でした。

てっきり古い商業ビルのリノベ物件と思いきや 全く一から新築されたものとの事で再度びっくり。

調べてみると、1997年、大阪玉造で 古びたビルを店舗、工房、住居に誂え直したのが その始まりだとか。 ペンキ塗りや内装のみならず、 床工事、水道工事に至るまで、試行錯誤を繰り返し 自分たちだけで行ったというのだから相当なもの。 建物というのも作品なので、きっと至る所、 妥協する事なく、汗と時間を染み渡らせていったのだろう。

愛情を注ぎ込み、一つ一つ丁寧に磨き上げる・・ その経験あればこそ、今の建物に圧倒的な本物感が ビンビン響くのも納得。

巷溢れる表面をなぞっただけのエセ・ビンテージとは 空気が違う。

建物は、お金任せ、人任せだけではだめ。 「本当にそれでいいの?」 「あなた」が問われる。 ああ、それ以上責めないで。 でも、もっと見ていたい。 茶室とかいい数寄屋物件を拝見したのと同じくらい 感じ入り悶絶いたしました。 これは脱帽、体験すべし。


Recent Posts

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page