top of page

大阪「スタンドあじと」で「最後に愛は勝つ!」と歌いたくなる。



「あじと」のゴッドマザー、佐藤さん。 裏難波はこの人から始まった、 といっても過言ではない位の方で、 素晴らしい食いしん坊(だと思う)。

もうひとり、大阪天満宮で「にこ」(今や「にこグループ」と言うべきかも)を営む

東村さんが私的二大カリスマ酒場経営者、新女将像の理想形。

今回はそんな「あじと 」グループのスタンドへ。

仕事帰りにサクッと肩肘張らずに飲み食いできる処というコンセプトでスタッフのオペレーションも最小限で回せる設計ながら、やはり素晴らしい! ローコスト、ローオペのしわ寄せをお客に強いる事は一つもなく、

あるのは食べて呑む幸せのみ。


数多あるプロデュース店舗との僅かな、でも決定的な差。

合理で割り切れるところは大胆に割り切りながら

どばどばと溢れるようなサービス精神。

ごまかさない、繕わない、まっすぐな視線。

食べること、呑むこと、愉しませることへの慈しみと畏敬。

ひっくるめて愛としか言いようのない包容が店を包むこんでおる。 こういうことって、なぜか客にはすっと通じてしまうのが

また不思議で当たり前なところでもある。


Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page