top of page

南淡路の現場、鹿との邂逅に涙するおっさんがおったとよ。



「珍妙なる生き物よ。 汝、何処から来たりて 何処へと至る者か?

珍妙なる生き物よ。 己が魂の主人にして その奴隷たる者。 魂の王として 歩まぬのは 如何なる理由によるものか?」

鹿を見てるのでなく 鹿に見られている様子。

ここは鹿の聖域。


すっかり「とんでも」系ですが 鹿との刹那の邂逅、 そう問われた気がします。 一言で言うと「変なの・・」って言われた感じ。

鹿の瞳があまりに無垢でまっすぐなので ストレートな問いかけに実は少し落ち込みました。



当の鹿は

暫し見つめあった後、 何処へか去っていかれました。

何かいいこと、おこればいいな。

鹿、so good!

Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page