top of page

会津で侍を想ふの段。



会津若松城。 戦わねばならなかったのか? 死なねばならぬかったのか? 150年前の出来事であっても 妙に生々しく、未だ熾火がくすぶって いるような緊張感。 それぞれの正義、で片付けるには 犠牲が大きすぎる。 義に殉じる。 生き残るために 主義主張も看板もかなぐり捨てて 離合集散する代議士達の動きには 辟易とするが、死んだらあかん。 死に場所、死に時を決めるのは難しい。


重い城だな。



会津若松「喜平」。 ゲキ渋居酒屋で 主一人客一人、対峙中。 大将、会津人のイメージ通り 寡黙でなんも喋らんながら、 気遣いはひしひしと伝わる。

「ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ♫」

BGMは「夜の銀狐」、 儂も大人になったわい。


Recent Posts

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page