top of page

「男山」の看板に誘われ「今日だけ呑ませてください」とくぐる蕎麦屋の暖簾。



山形。

各産地の栽培スケジュールが狂ってきてるようで

どうも計画が怪しくなってきました(こればかりはしょうが無い)。

当初の、新潟→秋田フェリーをキャンセルして

陸路で山形市へ。


ここ山形市は、

東へ1時間半で宮城角田、

西へ2時間で新潟岩舟、

北へ2時間半で秋田横手と

いろんな産地へのアプローチが可能なポジションで

変化する状況に対応しようと思います。


さて、安宿でデータ処理ばかりもつまらないのでちょっと散策。

山形は、どこもどこかしら清々しく、

未だ上杉やら庄内藩やらの気風が残るような。

と、突如目前に「男山」の凛々しい文字。

嗚呼、誘われている。



慶応元年って何年? 「男山」の看板に導かれるままに歩き、 暖簾をくぐった「庄司屋」さん。 なんでも、ここ蕎麦処山形市内にあって 一番の老舗だそうで、その割に偉そばる事もなく実に居心地良い蕎麦屋さん。



「男山」の「つららぎ」というやつで蕎麦前を洒落込む。

今回、対貧取材生活もテーマにしてたので、こうしてお酒を呑むのも初めて。 今日だけ!明日からは!やればできる!きっとやれる!

だから、もう今日は・・・ どうしようもない私が杯をあおる。



Comments


Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page