top of page

「星のや京都」でお大尽。



各方面で絶賛の「星の屋京都」。 清水の舞台からバンジージャンプの覚悟で突撃してまいりましたよ!

従前に承知していたものの、渡月橋から宿のエントリーに至る10分足らずの小舟の旅は日常との結界。否が応にも膨らむ期待。

しかし

その宿へのアプローチが興奮のピーク。 正直なところ、それ以上プラスに裏切られる事は 終ぞ無かったというのが印象。

不満なところは何もありません。 ロケーションは最高。 贅沢に作られ、年輪を刻んだ建築を活かしきったリノベーションも見事。 お料理もむろん美味しくない筈がありません。 スタッフの教育もしっかり。 全てが高水準。

でも、

ベースが京都となると、様々な演出や工夫も、やや奥行に乏しく、なんとなく空々しい印象に。何というか、京の老舗に感じる、恐ろしい底深さ、本物感、凄み・・あの緊張とわくわく、ぞくぞく感とをどうしても比べてしまう。

よく計算されている。そしてその計算に間違いはない。

しかし、どうしても・・・。

これが、また違う場所の「星のリゾート」さんなら、もっと素直に愉しめたような気も。

全ては、 独りよがりな京都コンプレックスのせいか、 とやかくいわず、その時々にある喜びを 目一杯享受し味わい尽くす事が大事。 わかってるけど、まだまだ修行が足りません。

やはり「俵屋」さんに参禅に伺わねばと強く決意する嵐山の夜でございました。



Recent Posts

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

bottom of page